コンサルタントの転職事情

コンサルタントとして実績を積み、自信を付けた人たちは、いつまでも同じファームに居続けようとはしないものです。自分の実績、キャリアを武器にして、転職活動に臨む人がほとんどです。もちろんファームに残ってマネージャーやパートナーを目指す選択肢も考えられますが、非常に高い競争率であることを覚悟しなければなりません。ですから多くのコンサルタントにとって、転職という選択が、キャリアアップとしては最も現実的なのです。ところで転職する場合、他のファームに移るべきなのでしょうか。それとも思い切って他の業界にチャレンジすべきなのでしょうか。判断は人それぞれでしょうが、統計によれば、他のファームに転職する人が多いようです。新天地がコンサルティング ファームなら今まで積み上げてきたキャリアを活かせますし、更なる高みを目指して頑張れる環境ですから、気持ちは分かります。コンサルティング業界は狭いですから、実績さえあれば、ファーム間の転職はそれほど難しくありません。前職で出来たコネクションを活かすことが出来るからです。では他の業界に転職するケースはどうでしょうか。コンサルタントの中には、たとえ優秀で実績を残したとしても、コンサルティング業界を離れたいと思っている人が少なからず存在します。理由は単純で、激務に耐えられないからです。精神的、肉体的に辛い思いをしてまでキャリアを積み上げることに疑問を感じ、突然離職する人もいます。彼らは他の業界に転職することになりますが、元々優秀な人たちなので、例えば過去のクライアントの関係先にコネで転職するケースも珍しくありません。転職後のやりがいについては、コンサルタント個々人の捉え方次第でしょう。一般企業は個性を犠牲にすることも多く、コンサルタントにとっては協調性を強いられるように感じることも少なくありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published.